What is Data City Sabae?
  • データシティ鯖江の歴史
  • Enter

  • 鯖江市では、ホームページで公開する情報を多方面で利用できるXML,RDFで積極的に公開する”データシティ鯖江”を目指しています。
近年、欧米各国を中心として、電子行政の新たな手法として、行政機関がウェブを活用して積極的にデータの提供や収集を行うことを通じて、行政への国民参加や官民協働の公共サービスの提供を可能とし、促進して行こうとする「オープンガバメント」の運動が起こってきています。日本でも経済産業省が、「オープンガバメントラボ」というサイトを設け、開かれた政府(オープンガバメント)の実現を目指し、実証を行っています。
鯖江市でもこの方向性を受け、できるところから、取り組んでいきます。

ccby

ライセンスは、Creative Commonsの「表示」(CC BY)としています。

※「データシティ鯖江」のデータを使用していることをアプリケーション内に表示し、このページ(/)や、各データを公開しているページへリンクを張っていただければ、データは無料で自由にご利用いただけます。